上手に使うコツ

家庭教師を利用するときには、まずその指導者がどのような人物なのかを見定める必要があります。プロの家庭教師を利用する際には、実績がどのようなものなのかが分かるようなプロフィールが掲載されている資料が不可欠になります。料金なども人によって違いがあるので、本人の性格や勉強スタイルに合いそうな人を選びましょう。

そして、難しいのは大学生がアルバイトで行なっているというケースです。こちらは学生ということもあって指導経験自体が未熟というパターンがあります。また、どのような指導を行えばいいのかを家庭教師自体が把握していないということもあります。そのため、大学生のアルバイトを家庭教師で雇うというときには紹介所経由が安心です。紹介所経由の場合にはあらかじめ決められているマニュアルや報告書でのフィードバックがあるため、家庭教師のクオリティが一定に保たれます。

また、家庭教師との折り合いにも気を付けましょう。一対一で臨む指導方法のため、一度険悪なムードになってしまったら勉強どころの騒ぎではありません。良好な人間関係を築き上げる努力はもちろんのこと、時間を無駄にしないためにも早めに家庭教師を切り替えるということも重要なのです。