どのような契約か

家庭教師を頼む際にはどのような手段を使って探すかということから決めなければいけません。そしてそれは契約方法に直結します。家庭教師を探す方法としては家庭教師の紹介所に頼むか、知人からの紹介を使うかの2択に別れます。

知人からの紹介の場合は紹介所に支払うマージンが発生しないため、その分料金を安くすることが出来ます。しかし、その家庭教師が病気にかかってしまったら代わりの人がおらず、その日の指導を受けることが出来なくなったり、急に引っ越しをすることになったりなど、家庭教師の状況が変化することによって契約を打ち切らざるを得ないという心配があります。また、個人契約ということもあって、クオリティに信頼性が乏しいというデメリットもあるのです。

一方、紹介所を経由して家庭教師を契約すると、紹介所が自分に一番あった条件の家庭教師をピックアップしてくれます。そのため、指導方針にブレが無く、安心して指導を受けることが可能なのです。また、その指導方法が合わないという場合でも代わりの先生を探してくれるメリットがあります。家庭教師の都合が悪いときでも代わりの人を派遣してくれるため、学力を向上するための妨げになるようなことは一切無いと言えるのです。